Return to site

習い事はプログラミングが一番

週に1回の授業で小学生の8割以上が学習意欲向上

 子どもの習い事を調べる中、「プログラミング」というキーワードを目にすることが多くなったのではないでしょうか??「プログラミング」と聞くと、いまいちイメージがわかないという方のために、子ども向けのプログラミング教室ではどんな内容の授業を行っているか紹介していきたいと思います。

 2020年にプログラミング教育が小学校で義務教育化が決まったことをきっかけに子ども向けの習い事としてプログラミングをするご家庭も増えてきました。小学生向けのプログラミング教室で授業を行っています。Scratchはマサチューセッツ工科大学によって開発されたソフトでインターネットが繋がったパソコンがあれば、誰でも無料でプログラミングができます。

下記のリンクに行き、メニューの「作る」ボタンを押すとプログラミング体験ができます。

https://scratch.mit.edu 

scratchイメージ

 Scratchでは事前にいくつかのブロックが用意されており、このブロックを組み合わせることでキャラクターや背景のルールを作っていきます。このルール作りをすることを「プログラミング」といいます。

ブロックを組み合わせる

 一見すると、簡単な画面に見えますが、マリオのような2Dゲームなどといった有名ゲームもこのScratchだけで開発することもできます。今の小学生はこのScratchを活用することで自分のオリジナルゲームを創作しています。

作成画面

プログラミングをしている様子のイメージ作りのために、説明動画も作成しました。参考にご覧ください。

子どものうちから習い事でプログラミングを体験するとどんなことに役立つか紹介していきます。

1、好きを活かして学べる

 いつも時間がある際にゲームばかりしているというお子さんは多いのではないでしょうか??ゲームは子どもにとって惹きが強く、興味関心の対象です。ゲームが大好きということで、プログラミングでは普段の勉強とは違い、自分の親しみやすい分野で学習をすることができます。実際、プログラミングを始めて8割以上のお子さんが学習意欲の向上も見られたという保護者の方の声もあります。勉強はちょっと苦手というお子さんにとって、習い事のプログラミングはとっつきやすい学習コンテンツなんです。

2,創り手の楽しさを知る

 プログラミングではゲームを創作する機会も多く、今まで受け手だった立場から創り手に変わります。創り手の立場になることで、物事の仕組みについて知る機会も増えます。ゲームもどんな仕組みでできているか気になり、知的好奇心も上がります。

3,問題の原因分析ができるようになる

 プログラミングでゲームを作っているとバグがよく出ます。ゲームを完成させるためにどこに原因があるか探求する癖がつきます。子どものうちから自然と問題解決能力を向上させる機会にも恵まれ、社会にでても役立つスキルに変わります。

プログラミング教室の体験はどこでやっているのか??

プログラミング様子

 小学生の行っているプログラミング教育はどういった内容なのか簡単に説明してきました。小学生のうちから習い事でプログラミング体験をすることで、学習意欲の向上や問題解決能力の向上を図ることができます。ぜひまずはプログラミング教室では無料体験を実施しているので、一度でもプログラミングの体験をすることをオススメします。

 

低価格な小学生プログラミング教室をお探しの方はこちらから

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly